Hitechnic HomeHitechnic Home

Mindstorms Compass.jpg
EV3対応

HT1034 Compass Sensor
コンパスセンサー

商品番号
HT1034
商品名
Compass Sensor (磁気コンパスセンサー)
商品説明
コンパスセンサーはデジタルコンパス技術により地磁気を計測して、現在の方位角を読み取り値として出力します。
磁気方位角は1度単位で計測され、0〜359度の範囲(0度を磁北として、90度・東、180度・南というようになります)の数値として出力されます。
コンパスセンサーは1秒間に100回(100Hz)で方位角を読み取り更新します。
本センサーは、測定モードと校正モードの2つのモードで動作します(※ソフトウェアにより異なる場合がございます EV3ソフトウェアでは較正モードは使用できません)。
読み取りモードでは、現在の方位角を算出し、プログラムが読み出しコマンドを実行する度に結果を返します。
較正モードでは、接近したモーターやバッテリなどから生じる外部磁気を異常値として較正して可能なかぎり正確な読み取りを維持します。
価格
\7,500 (\8,100税込)

Programing Hint & SAMPLE Program

プログラミング・ヒント

測定モード

  • *絶対モード
    • ht1034Compass_Absolute.png(EV3ソフトウェアの例)
    • 磁北(方位磁石の指す北)を0度として、右(東)周りに359度までの範囲で方位を測定し、出力します。
    • 東は90度、南は180度、西は270度となります。
  • *相対モード
    • ht1034Compass_Relative.png(EV3ソフトウェアの例)
    • 任意に指定した基準方位角度(Target)に対しての差を計算して出力します。
    • 例えば、南(180度)を基準として指定したとします。これに対し、現在の方位を測定したら、南東(135度)を向いていたとします。するとコンパスセンサーは、180-135=+45度を出力します。
    • 南西(225度)を向いていた場合は、180-225=-45となります。

SAMPLE Program

EV3ソフトウェア

  1. コマンドブロックのインポート方法はこちらのページ
  2. サンプルテストプログラム
    1. センサーの値を画面に表示する。
    2. 南へ(180度へ)向かって修正しながら直進する。

ページの先頭へ