創造力や客観的思考力、STEAMへの興味を育む
レゴWeDo 2.0

レゴWeDoは誕生以来、授業で使いやすいソフトウェアを用いた実体験型のSTEAM学習を世界中の小学生たちに届けてきました。WeDo 2.0は科学や客観的思考力、エンジニアリングの原則といったテーマを用いながら、子ども達の学習意欲を引き出し、自信を育てます。
プロジェクトは全て、実践的なSTEAMトピックについて学びながら、質問をしたり解決案を考えたりする中で自信を身につけられるようにデザインされています。また、協働する姿勢やクリエイティブな問題解決、コミュニケーションスキルといった、将来へ向けて昼様なスキルも伸ばすことができます。導入に際しては、先生方向けの研修や指導案も充実し、子どもたちのSTEAM学習への興味関心を引き出すことを可能にします。
レゴWeDo2.0は、科学とテクノロジーの世界を通して子どもたちの好奇心やチームワークスキルを育成するFIRSTLEGOLeagueジュニアにも使用されています。

 
レゴWeDo2.0は、初めてのプログラミングにふさわしい、楽しみながら考える力が自然と身についく教材です。使いやすさや教育的効果が認められ、多くの教育委員会、小学校などで導入されています。

WeDo 2.0製品一覧へWeDo 2.0製品一覧へ
レゴWeDo 2.0
レゴ WeDo 2.0を活用した授業風景
(LEGO Education JAPAN YouTubeチャンネルより)
動画リンク動画リンク

LEGO WeDo 2.0基本セット製品概要

WeDo 2.0基本セットにはモデルを組み立てに必要なLEGOⓇブロックと、モーター、センサーにPCやタブレットとBluetoothで簡単に無線接続できるスマートハブが含まれます。
多彩なモデルが組み立て可能で、一番簡単なモデルはたった5分で組み立て完了!組み立てで構造を学びつつプログラムする時間も授業内で十分確保できます。

 
レゴWeDo 2.0 基本セット

無線通信で接続するスマートハブ
傾きを検出するチルトセンサー
物体を検知するモーションセンサー

スマートハブ、モーター、センサー
 
WeDo 2.0ではPCやタブレットとスマートハブを接続するのにBluetooth LE(ブルートゥース ローエナジー)を採用しています。USBケーブルが不要になったので移動するモデルでも自由に動かすことができます。
モーターやセンサーをスマートハブに接続するコネクタも新しくなりました。モーターやセンサーのプラグをスマートハブのコネクタへ差し込むだけ。挿しこめる形状が決まっているので差し込む方向を間違うこともなく、差し込む時も抜く時も力が要りません。
 
モーションセンサーは、赤外線を出して反射して帰ってくる赤外線の強さで15cm以内の物体を感知します。WeDo 2.0ソフトウェアでは、1(近い)~10(遠い)の数値で表し、物体が近づいているのか、遠ざかっているのかも感知できます。Scratch 3.0で使用するときは、距離の近さを0(近い)~100(遠い)の値で取り扱えます。
 
チルトセンサーはスマートフォン内蔵の傾きセンサーと同様のデジタルセンサーが内蔵されており、センサーの前後左右への4方向の傾きを感知することができます。
 
製品一覧へ移動製品一覧へ移動

直感的にプログラミングできる専用ソフト
WeDo 2.0ソフトウェア

WeDo 2.0で組み立てたモデルを動かすためのプログラムは、アイコンを並べて直感的にプログラミングできる専用ソフトウェア、WeDo2.0ソフトウェアで簡単に作成できます。
WeDo2.0ソフトウェア

 初めてでも安心の充実したコンテンツ

「小学校に上がったばかりだし・・・」「プログラミングなんてやったことないから・・・」と心配しなくても大丈夫。小学生低学年から使用していただくことを前提とした教育用セットだからこその操作の分かりやすさと充実したコンテンツが用意されています。

WeDo 2.0ソフトウェアの中身をご紹介

入門プロジェクト

はじめてWeDo2.0を触る生徒でも簡単にできる入門用チュートリアルも豊富に用意

プロジェクト導入動画

課題の導入部分には、子どもたちの興味を引き付ける動画を用意

モデル組み立て図

わかりやすい組み立て説明書もプロジェクトの中に収録しています

課題動画

課題ではどんな動きをさせるのか?どんなプログラムを作るのか?動画で確認できます

サンプルプログラム

サンプルプログラムもあるので、その通りに作成し、その後自分で試行錯誤することができます

モデルライブラリ―

30種類以上のモデルを組み立てることのできるモデルライブラリを収録

プログラムライブラリ―

プログラミングのヒントとなる40以上のプログラムライブラリを収録

ヘルプパレット

各アイコン(プログラミングブロック)の意味がわかるヘルプパネルも用意

授業に使える多彩なカリキュラムコンテンツ
プロジェクトライブラリ

プロジェクトライブラリには、40時間以上の授業を行うことのできる多彩なプロジェクトが収録されています。「天気の変化」や「流水の動き」など、身近な理科関連の分野を中心にテーマに沿ってプログラミングを体験しながら課題を導き出し、解決方法を考える様々なプロジェクトがそろっています。プロジェクトの流れに沿って授業を進めるだけで楽しい授業が実現できます。

WeDo2.0ソフトウェア 40時間以上の授業に使えるプロジェクト WeDo 2.0ソフトウェア 応用プロジェクト WeDo 2.0ソフトウェア 発展プロジェクト
 
 
WeDo 2.0動作環境WeDo 2.0動作環境
 
WeDo 2.0ソフトダウンロードWeDo 2.0ソフトダウンロード

先生用の参考資料も充実
教師用ガイド・サポートサイト・レッスンプラン

WeDo2.0を授業で使いたいけど・・・と思っている先生をサポートする充実の参考資料がそろっています。
WeDo2.0ソフトウェアに収録されているプロジェクトを授業で使いたいけれど、どうしたらよいかわからない・・・とお悩みの先生には授業の進め方をサポートする教師用ガイドが用意されています。
また、ソフトウェアに収録されている以外のレッスンプランもLEGO EducationのWEBサイトに豊富なプランがそろっています。

教師用参考資料

教師用参考資料メニュー

教師用ガイド

教師用ガイド

レッスンプラン

豊富な追加レッスンプラン

レゴWeDo 2.0活用の動画

(LEGO Education Japan YouTubeチャンネルより)
組み立てる(Build)
 
プログラミング(Code)
 
学習する(Learn)